日焼け止めの仕組みとは?

仕組みについて

日焼け止めはどうしてその効果を発揮することができるのでしょうか。日焼けをしてしまうのは紫外線が肌に当たってしまうからです。したがって、紫外線が肌に当たらないようにすれば、日焼けを防ぐことができます。そこで日焼け止めというのは、2つの働きによって紫外線の影響を防いでいます。

まず、日焼け止めは紫外線を反射させることができます。そのために紫外線散乱剤というものが含まれているのです。これは金属であり、これによって物理的に紫外線を反射できるようにしているのです。代表的な成分としては酸化チタンがあります。こちらが含まれているものは白っぽい色をしているのが特徴となっています。他には酸化亜鉛という物質も成分として含まれています。

また、紫外線吸収剤というものも日焼け止めの中に入っています。こちらは紫外線を吸収することができて、それを熱エネルギーに変えて放出することができるのです。これによって肌にまで紫外線が届かないようにできます。代表的な成分としてはサリチル酸オクチルがあります。

このような仕組みによって日焼け止めはその効果を発揮することができるのです。日焼け止めを利用する際には、このような仕組みによって日焼けを防いでいるのだと意識すると良いでしょう。