日焼け止めの仕組みとは?

日焼け止めの選び方

日焼け止めには指標があります。それはSPFとPAというものです。SPFというのはUVB波を遮断する効果を示す指標のことです。こちらは世界標準の指標となっています。こちらの数値が高ければ高いほど効果が強くなります。一方、PAというのはUVA波を遮断する効果についての指標のことです。こちらは即時黒化という日焼けですぐに肌が黒くなってしまうのをどれだけ防げるのかを表しています。こちらの指標は日本で考えられたものです。

日焼け止めを選ぶ際には上記の2つの指標を参考にすると良いでしょう。ただし、これらの指標の数値が高いものは肌に対する負担が大きくなってしまうため注意しましょう。せっかく日焼け止めを塗って紫外線を遮断することができたのに、日焼け止めの影響によって肌トラブルになってしまうケースもあるのです。

したがって、日焼け止めだけではなくてその他の方法も併用しながら紫外線を遮断すると良いでしょう。どうしても日焼け止めにのみ頼らなければいけない場合は効果の強いものを利用して、それ以外についてはSPF値やPA値の低いものを使うと良いでしょう。そうすることによって、肌への負担を最小限に抑えることができるのです。日焼け止めを選ぶ際には上記のことを意識しましょう。